【Xcode,Swift】ボタンに設定した画像の色をtintcolorで変える。storyboardでの設定方法。

プログラミング
スポンサーリンク

 

iOSアプリ開発で、画像を設定したボタンの色をtintcolorで変える方法を説明します。

storyboardで一度設定しておけばあとは画像のtintcolorをコードやstoryboardで変更すれば、ボタンに変更した色が反映されます。

それでは具体的な手順を説明していきます。

 

 

スポンサーリンク

1. 画像の設定を行う

画像の設定を行いたいので、assets.xcassetsフォルダで色を変えたい画像を選択します。

そしてユーティリティエリア(一番右側に表示されているウィンドウ)のアトリビュートインスペクター(一番右側のアイコン)を選択します。

Render Asという項目をTemplate Imageに変更します。

画像の設定は以上です。

 

 

2. StoryBoardに画像を配置しTintColorを設定する。

viewにUIImageを配置し先ほどの設定した画像を設定します。

あとはTintColorを設定したい色に変更すればOKです。

TintColorの設定はコード上で行なっても大丈夫です。

TintColorを変更してもStoryBoard上で見た目は変化していませんが、アプリを実行すると色の変更が反映されています。

 

*UIImageではこの方法で色を変えることができませんが、Buttonでは変更することができます。UIImageの色を変更したい場合はTemplate Imageの設定をコード上で行う必要があります。

 

実行すると以下のようになります。

まとめ

具体的な手順をまとめると以下の通りになります。

  1. assets.xcassetsで色を変更したい画像を選択する。
  2. Imageの設定項目Render AsをTemplate Imageに変更
  3. StoryBoard、もしくはコードで画像にTintColorを設定する。

以上の手順で色を変更できます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました