【模様替え】吊り下げ照明(ペンダントライト)の紐が長すぎたので、家にあるもので短くしてみた。

インテリア
スポンサーリンク

 

こんにちは。りんごです。

私の部屋では、ニトリで購入した照明を使っているのですが、この照明を吊り下げている紐がとても長くて困っていました。

紐を伸ばした状態だと、だいたい1メートルぐらいあります。

なので今までは、とりあえず適当に紐を結んで使っていました。

 

しかしこれではあまりにもダサい。そこで解決方法を探して見ました。

ペンダントライトの紐が長すぎる問題を解決する方法はいくつかあるみたいですね。

一つは紐の長さを調節するものを購入してそれを使って短くする方法。

しかしこれはあまりおしゃれじゃないのでできれば使いたくない。

そして二つ目は、紐をいい感じに結んで短くする方法。最近ネットで色々な結び方が紹介されていますが、私は紐自体が見えているのがあまり好きではないので、

家にあったものを使って隠すことにしました。今回はその方法を紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

お菓子の箱を使う

家にあったこの箱を使って照明のコードを隠してみたいと思います。箱をそのまま使うのではなく少し加工します。この箱はデザイン的にも和室に合いますし、しかもお金がかからないという私にとっていいこと尽くめです。完成イメージとしてはこの箱を四角柱になるように加工して、その中に余分なコードをしまうという方法です。言葉での説明が下手なので見ていただければわかるかと思います。それでは早速やっていきましょう。

手順1. 箱の大きさに合わせて紐の長さを調節する

箱の中に余分なコードをしまいたいので箱の長さに合わせて照明のコードを調節します。コードを好みの長さになるまで折り返して短くします。長さを調節できたら最後に、お菓子の袋とかを縛っている柔らかい針金でまとめました。

やってみるとこんな感じになりました。

紐の上下に少し余裕をもたせて、余計な紐を箱に収まるようにまとめました。

手順2. 箱を加工する

今の箱のままでは、コード全体を覆い隠すことができないので、余計な部分を切り落として、箱のサイズを調整していきます。

加工が終わるとこんな感じになりました。

箱は厚紙のものを使っているのでハサミとカッターを使えば簡単に加工できました。完成イメージとしてはこの二つの箱を組み合わせてできる四角柱の箱の中に余分なコードをしまう感じです。

手順3. コードを通せるように穴を開ける

コードがちょうど通るぐらいの穴を箱の真ん中あたりに開けます。箱の反対側にも同じようにして穴を開けます。この作業を二つの部品両方に行います。画像ではわかりにくいですが、穴の横に切り込みが入っています。そこからコードをこの穴に滑り込ませるようにして使います。コードを箱に収めるとこんな感じになりました。穴のに通じるように切り込みが入っているのがわかると思います。

    

手順4. 蓋をして完成

最後にもう一つの箱を使って、コード全体が見えないように組み合わせます。もう一つの箱にも穴を開けて加工してあるので手順3で行った方法と同じように、コードを穴に通して組み合わせます。

    

完成するとこんな感じになりました。思ったよりもいい感じに仕上がりました。同じサイズの箱なので完璧に組み合わせることができません。なので少し隙間が気になります。隙間の部分だけテープで隙間が気にならないように貼り付けました。最終的には隙間もほとんど目立たなくなりました。多少隙間があっても、普段は自分の頭の上にあるものなのでそこまで気にならないかもしれないですね。

まとめ

照明を設置してみました。

はじめに比べたらだいぶ良くなりました。

紐自体もほとんど見えなくなっています。

箱も周りにいい感じに溶け込んでいるのでほとんど気になりません。

作業自体は20分から30分ぐらいで終わりました。

お金をかけなかった割にはいいものができたのではないでしょうか。

今後もこんな感じでお部屋の模様替えを進めていきたいと思いますのでこれからも読んでいただけたら嬉しいです。

以上。「吊り下げ照明の紐を短くしてみた」でした。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました