Macの予測変換にイライラすると感じたらいますぐ試してほしいこと。

ガジェット
スポンサーリンク

Macの予測変換にイライラしたことありませんか。何度も入力している単語を、一向に一番最初に変換候補として表示してくれないことがあります。

しかしとても簡単な方法でこれを解決する方法があったので、紹介したいと思います。

 

Google日本語入力を使う

 

Macのデフォルトの入力ソースを使わないようにし、Google日本語入力ソースを使うように変更します。

Google日本語入力は、無料でダウンロードでき、しかも非常に性能も高いのでこれを使うようにMacの設定を変更していきます。

 

Google日本語入力をインストール・設定する

ダウンロード方法

Google日本語入力は日本語入力は以下のリンクからダウンロードすることができます。

Google 日本語入力
思いどおりの日本語入力。Google 日本語入力は、変換の煩わしさを感じさせない思いどおりの日本語入力を提供します。

今回はMacなのでMac版をインストールします。ちなみにWindowsでも使うことができます。

 

インストール方法

先ほどダウンロードしたdmgファイルを起動します。

フォルダに表示されているGoogleJapaneseInput.pkgをクリックします。

その後のインストールは指示に沿って勧めていきます。

最後に有効にするか聞かれるので有効にしておきましょう。

Macの入力ソースを使わないようにする設定

メニューバーに表示されている、入力モードのアイコンから設定画面を開きます。

 

設定を開くと使用可能な入力ソースが表示されるので、デフォルトのMacの日本語入力を使わないようにします。表示される「日本語」を選択し、ウィンドウの左下にある「マイナスボタン」をクリックします。この操作をもとに戻したい場合は「プラスボタン」をクリックして「日本語」を選択すればもとに戻すことができます。

 

まとめ

以上の設定をしておくと、Googleの変換予測を表示してくれるので、もうMacの予測変換でイライラする事もなくなります。とても精度がいいので人名や地名の変換もスムーズに行ってくれます。もし困っている人がいたら、簡単にできるのでやってみることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました